化粧品を上手く使ってシミ対策

頑固なシミに悩まされている人は、化粧品を上手に取り入れることでシミ対策を行うおとが可能。基礎化粧品を利用してシミを薄くしたり、メーキャップ化粧品を利用してシミを目立たなくしたり。
今回はそんな「おすすめの化粧品」について詳しく迫っていきます。

基礎化粧品でシミを薄くする

化粧品の基盤となる基礎化粧品。入浴後や起床後、就寝前などに取り入れている人は多いのではないでしょうか?
商品を選ぶ際のポイントや、おすすめの基礎化粧品について紹介していきます。毎日使うからこそ、今一度自分の基礎化粧品を見直してみましょう。

洗顔料・クレンジング

洗顔料やクレンジングで意識しがちな「洗浄力」。しかし、この洗浄力はあまりシミには効果が無いどころか、肌への負担となりメラニンが分泌されシミの原因になってしまうこともあります。

洗顔料やクレンジングを選ぶ際に注目してほしいのが「美白成分」です。「ビタミンC誘導体」「コウジ酸」「プラセンタ」「トラネキサム酸」などの成分は美白やターンオーバーを促す作用があるため、購入の際に成分表をチェックしてみましょう。

【シミを薄くするおすすめの洗顔料・クレンジング】

  • 然よかせっけん
  • VCOマイルドソープ
  • どろ豆乳 どろあわわ

シミを薄くするにあたって上記の洗顔料やクレンジングは、効果が高いとのことで評判が良い商品。ドラッグストアや通販などで購入ができます。

化粧水

乾燥肌の大きな味方となる基礎化粧品の一つ「化粧水」。肌に水分を与えることを目的とする基礎化粧品で、シミ改善効果が期待できる化粧水も多く販売されています。
やはり化粧水を選ぶ際にも、値段やメーカー名よりも「成分」をメインにチェックしてほしいところ。化粧水を選ぶ際に意識してほしいのが「アルプチン」「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」などの成分です。
特にビタミンC誘導体は、化粧水が肌に浸透すると同時に、成分も浸透しメラニンに働きかけてくれるので、忘れずにチェックしておくようにしましょう。

【シミを薄くするおすすめの化粧水】

  • サエル ホワイトニング ローション クリアリスト
  • アスタリフト ホワイトローション
  • QuSomeローション(ビーグレン)

女性には欠かせない化粧水。毎日2~3回使う人も多く、使用頻度が比較的高い基礎化粧品でもあります。だからこそ、最もこだわってほしい基礎化粧品なのです。
上記で紹介している化粧水は2,000円~5,000円と、やや高めの値段ではありますが、その分肌に嬉しい成分が多く、シミを薄くする効果が高いと言われています。

美容液

肌に潤いを与えたり、ツヤやハリを与えたりする美容液。使用頻度は化粧水や乳液に比べて少ないものの、美容液一つで肌の調子が変わるため、きちんと効果の高い美容液を選んでおいてほしいところ。
注目すべき成分は「ハイドロキノン」「アルブチン」です。これらは、肌への刺激が強い傾向にあるため、うまく日本人の肌に合わせて配合された美容液を選ぶことが大切。

【シミを薄くするおすすめの美容液】

  • ビーグレンホワイトケア
  • アスタリフトホワイト
  • ディセンシア サエル

これらは、ハイドロキノンアルブチンが配合されていますが、副作用がないよう計算して配合されています。
肌の弱い人も安心して使える美容液ですが、不安な人は一度パッチテストを行ってから使うとよいでしょう。

乳液

化粧水の後に使うことが多い乳液。化粧水の水分を肌に閉じ込めるためにも欠かせない存在の一つですよね。
シミに効く成分は乳液にも使われていることがあるため、きちんと成分をチェックしておくことが大切です。
乳液でチェックする成分は化粧水と同じ成分。「アルプチン」「ビタミンC誘導体」「プラセンタ」などが含まれている乳液がおすすめです。

【シミを薄くするおすすめ乳液】

  • デルメッド プレミアム エッセンス
  • ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

化粧水や美容液に比べて、シミに効く成分が配合されている商品が少ないのですが、乳液もきちんと厳選することで、よりスムーズなシミの改善を行うことができます。

クリーム

種類によっては「保湿効果」「美白効果」「オールインワン」などの機能を持つクリーム。あまり使わない、という女性も多いかもしれません。しかし、クリームにもシミ改善の成分が含まれている商品があるので、チェックしておくとよいでしょう。

【シミを薄くするおすすめクリーム】

  • サエル ホワイトニングクリーム クリアリスト
  • POLA ホワイトショットSXクリーム

肌への浸透よりも、肌の上での機能を重要視することが大切。クリームによっては「部分用」「全身用」などがありますが、シミにダイレクトに効かせたいのであれば「部分用クリーム」がおすすめです。

メーキャップ化粧品で目立たないように隠す

シミを改善する基礎化粧品とは違い、出来てしまったシミを隠す機能のあるメーキャップ化粧品。一度できてしまったシミは今すぐに改善する、ということはなかなか難しいので、シミが消えるまではメーキャップ化粧品で隠す必要があります。
シミが目立たないように隠せる化粧品にはどのようなメーキャップ化粧品があるのでしょうか?

化粧下地

化粧の土台となる「化粧下地」。カバー力が高いものを選ぶのがポイントです。また、「ゲル状」よりも「クリームタイプ」の方が、カバー力が高いため、シミを隠したい人はなるべくクリームタイプをチョイスするようにしましょう。

【シミを隠すオススメ化粧下地】

  • decencia アヤナス
  • ポール & ジョー ボーテラトゥー エクラ ファンデーション プライマー
  • ヴォワールクレクチュール

上記は、カバー力の高さと、保湿力に人気が集まっている化粧下地です。カバー力を求めてしまうと、カサカサと乾燥しがちな傾向にありますが、上記は決してそんなことはありません。

コンシーラー

隈やくすみなどをピンポイントに隠したいときに使うコンシーラー。シミ隠しの定番でもありますよね。そんなコンシーラーの多くは基本的にカバー力が高いのでどれもシミ隠しにはおすすめの商品ばかり。今回はその中でも厳選しておすすめのコンシーラーを紹介します。

【シミ隠しにおすすめのコンシーラー】

  • ゲラン プレシャスライト
  • NARS ラディアントクリーミーコンシーラー
  • ・エトヴォス ミネラルコンシーラー

上記は、コンシーラーにありがちな、目元口元のひび割れをしにくく、常にマット肌でカバー機能を持続してくれるコンシーラーです。
アザ隠しでも使うことができるほどの、高カバー力なので、一度試してみてくださいね。

ファンデーション

シミ隠しのみならず、メイクをする女性であれば必要不可欠なのがファンデーションですよね。さらに、毎日使うことがほとんどなので、ファンデーション選びは慎重に行ってほしいところ。
ファンデーションを選ぶポイントとしてはズバリ「クリームファンデーション」です。パウダリーファンデーションに比べ、クリームタイプの方がカバー力が高く、目立たなくしてくれます。

【シミ隠しにおすすめのファンデーション】

  • maNara BBリキッドバー
  • Attenir BBクリーム

上記は、シミを隠すだけでなく、シミの原因にもなる「紫外線」もカットしてくれる機能があります。シミに悩む人であれば紫外線対策は絶対なので嬉しいポイントなのではないでしょうか?
また、保湿力も高く肌に潤いを与えながらカバーしてくれるので、気になる箇所が多い女性にもおすすめです。

まとめ

シミは女性にとって非常に厄介な存在です。そんなシミは基礎化粧品やメーキャップ化粧品を上手に活用すればシミの悩みから解放されるでしょう。

たくさんの商品が存在しますが、自分に合った化粧品を見つけることが大切。自分の求める効果、肌質に合っている化粧品などを比較してみてくださいね。

 
 ページの先頭に戻る