病院・エステ・美容クリニック(美容外科)でのシミ取り

病院やエステ、美容クリニックなど、一口に専門機関とはいってもその種類はさまざまです。「どこを受診したらいいのかわからない」と頭を抱えてしまう人も少なくありません。

そこで、今回は「何科に行けばいいの?」「どこに行けばいいの?」という疑問から、治療費や薬品、治療の疑問まで幅広く解説していきます。

エステ・美容クリニック・病院の違い

エステ、クリニック、病院など、シミに関する肌トラブルを受け入れてくれる機関は数多く存在しています。そのため「どこを受診したらよいのかわからない」とい人も多いのではないでしょうか?
そこで、それぞれの主な違いや金額面での違いについて解説していきます。

エステ

シミの原因であるメラニンの抑制を行ったり、ターンオーバーを正常に保つための美容液の導入、美白効果が期待できる治療を行います。
シミを改善できるだけでなく「肌を美しくする」という効果も期待できるので、シミ取りと美肌を求めている女性におすすめです。
ただし、高額な費用がかかるケースがほとんどなので注意しましょう。

美容クリニック

美容外科や美容整形などの美容クリニックは、コンプレックスに悩む人を数多く対応しているため、シミで悩む患者も多く受診しています。そのため、シミに関する知識が豊富であったり、実際にシミの治療経験が豊富なクリニックが多い傾向にあります。
しかし、やはりエステ同様に費用が高めであるため注意が必要です。

病院

エステや美容クリニックとは違い、基本的に「シミのみ」の治療を行います。そのため、美肌効果などは期待できません。シミの状態によってはレーザー治療を行ったり、逆に軟膏の処方で済ませるケースもあります。
濃いシミの場合はエステや美容クリニックでは改善されないこともあるので、最終的には病院で治療することになる患者も少なくありません。
エステや美容クリニックに比べて費用が安い傾向にあるのも特徴で、シミの症状や診断次第では保険適用となる場合もあります。

エステ 美容クリニック 病院
医療機関?
美白・美肌効果への期待
特徴 ・シミ取りだけではなく美肌を求める方に向け ・シミの治療経験が豊富なクリニックが多い ・シミのみの治療に集中
・エステや美容クリニックで改善されない患者は多い(濃いシミなど)
治療方法 美容液の導入など

(ただしレーザーは使えない)

レーザー治療や軟膏の処方など レーザー治療や軟膏の処方など
料金 高い 高い 安い
保険適用

適用されない

症状や診断次第

症状や診断次第

病院だったら何科に行けばいいのか?科による違い

シミに関する悩みで初めて病院やクリニックなどの専門機関を受診する場合、「何科にいけばいいの?」という疑問を持つ人は多いもの。そこで、自分にはどの機関が適しているのか、どの科目が合っているのかなどを知るためにも、それぞれの期間や科目による違いを把握しておく必要があります。
「違いがよく分からない」という人は、ぜひ参考にしてみましょう。

皮膚科

シミの悩みで多くの人が受診する「皮膚科」。実際、シミは皮膚にできるものなので「まずは皮膚科に行ってみよう」という人が多いのです。
皮膚科では「ニキビ」「アレルギー」「じんましん」などの肌トラブルを扱っていますが、シミに悩む患者の対応も行っています。

ただ、専門サロンやクリニックとは違い、シミの細かい症状や原因までを診断することが難しいケースもあるため、シミの詳しい症状を誤診されてしまうというケースも存在します。

美容外科・美容整形外科

美容外科や美容整形外科は、美肌に関する内容を多く扱っていることから、シミに関する知識に優れている先生が多い傾向にあります。そのため、シミ取り専門の美容外科も存在しています。

実際、シミは「美容面での不満」に当たるケースがほとんどなので、皮膚科に比べてシミに関する悩みや不安を打ち明けやすいというメリットもあります。

美容皮膚科

シミやしわをメインに扱っている美容皮膚科。「綺麗になりたい」「肌を美しくしたい」という悩みを抱えた人が受診していて、肌トラブルの様々なケースに対応していることがほとんど。

シミの原因や詳しい症状まで調べ、患者に合った治療法を提案してくれます。中には「シミ専門美容皮膚科」という専門機関も存在するので、シミで悩んでいる女性は一度検討してみるとよいかもしれませんね。

レーザー治療・光治療

シミ取りの定番でもある「レーザー治療」。濃いシミの場合に取り入れるケースがほとんどです。レーザーの熱で皮膚に潜むメラニン色素を分解し、シミを改善します。ただ、治療後はかさぶたになってしまうため、剥がれ落ちるまでは気になるポイントにかさぶたができたまま生活をすることになってしまいます。
大事な日の前にレーザーでのシミ取りを行う際には計画的に行ったほうが良いでしょう。

レーザー治療について詳しいことは「レーザー治療・光治療でシミを直接消す」のページをご覧ください。

薬が処方される

皮膚科を受診すると、軽度のシミであれば外用薬を処方されることがほとんど。人体に使える漂白作用を持った塗り薬で「ハイドロキノン」と呼ばれています。

また、ハイドロキノンの他に「トレチノイン」と呼ばれる塗り薬が処方されることもあります。主な効果としては、肌のターンオーバーの促進作用で、シミの他にもニキビやしわ、吹き出物などでも処方されることがあります。

医薬品についての詳しいことは「医薬品とシミに効く成分」のページをご覧ください。

保険は効くの?

シミ治療で気になる「保険」ですが、エステや美容クリニックなどでは基本的に保険は適用されません。皮膚科を受診しても保険が適用されないケースが多いのですが、シミの状態や症状、病院の診断によっては保険が適用されることがあります。

例えば、シミでかゆみを伴ったり、痛みや何らかの病気が潜んでいた場合には保険適用されることがほとんどです。ただ、「シミが気になる」という程度では保険が適用されないことがほとんどなので注意しましょう。

病院・エステ・美容クリニックでのシミ取り:まとめ

シミに悩む女性は多いもの。市販薬やセルフケアでは改善されなかった、という人はぜひ皮膚科や美容クリニック、エステなどでの治療を検討してみましょう。

また、治療にあたり不安なことがあれば、前もって問い合わせておくことも大切です。不安要素はきちんと解決してから治療に臨んでくださいね。
 

 ページの先頭に戻る