ニキビ跡が原因のシミを消す方法

ニキビが悪化するとニキビ跡が残ることがあります。ニキビ跡がシミになることもあるので注意が必要です。ニキビ跡を正しくケアして、シミを防ぎましょう。シミができてしまった場合には、スキンケアや生活習慣の改善などで解消させてください。ここでは、ニキビ跡が原因のシミのケア方法をご紹介します。

ニキビ跡がシミになる原因

ニキビ跡によるシミは、ニキビがあったところに茶色く残ります。これは、ニキビが炎症を起こすことで、メラノサイトからメラニン色素が分泌され、それが肌に沈着したものです。肌のターンオーバーが整っていれば、メラニン色素は自然に排出されます。しかし、生活習慣の乱れや間違ったスキンケア、ストレスなどでターンオーバーが乱れていると、メラニン色素を排出できずに肌に残ってしまうのです。

また、肌の奥深くにある真皮にまで刺激が及んだ場合にも、メラニン色素の色が皮膚に残ります。つまり、ニキビによる強い炎症を防いだうえで、肌のターンオーバーを整える必要があるのです。

ニキビ跡が原因のシミの種類

シミには、炎症した状態である赤色のものと、色素沈着してできる茶色のものがあります。赤色のシミから茶色のシミに変化することもあるので、早めの対処が必要です。どちらも色素沈着に変わりはありませんが、炎症によるシミは適切にケアすることで速やかに改善できる可能性があります。

赤色のシミ

ニキビの炎症や化膿によって真皮の毛細血管が破壊されると、出血して皮膚が赤くなります。血液中のヘモグロビンという赤い色素が真皮に沈着することで、赤いシミができるのです。毛細血管が再生されると、ヘモグロビンによる着色が治まり始め、最終的にターンオーバーによって解消されます。

しかし、ターンオーバーが乱れていると、茶色の色素沈着へと変化して、肌に長く残ってしまうようになるのです。

茶色のシミ

刺激から真皮を守るために分泌されたメラニン色素が沈着すると、茶色のシミになります。メラニン色素は黒色をしていますが、皮膚に沈着すると、黒ではなく茶色のシミになるのです。

ニキビ跡が原因のシミを消す方法

ニキビは、炎症を起こすと赤くなります。赤色のニキビの段階で治すことで、ニキビ跡を防げる可能性があるのです。しかし、ニキビ跡になることを確実に防ぐ方法はありません。ニキビ跡になってしまい、シミができたのであれば、メラニンの生成を抑えることとメラニンの排出を促すことに力を入れましょう。

メラニンの生成を抑える成分には、コウジ酸やプラセンタエキスなどがあります。また、抗酸化作用を持つビタミンCやビタミンEなどもシミの改善に効果が期待できます。これらの成分が含まれた化粧品をニキビ跡に塗りましょう。なお、ビタミンCは皮膚への浸透性が低いため、浸透性を高めたビタミンC誘導体を含む化粧品を使う必要があります。

そして、肌のターンオーバーを促すこともシミの改善に効果的とされています。メラニンの生成を抑えつつ、メラニンの排出を促すことで、効率よくシミを改善できるでしょう。ターンオーバーを促すためには、正しいスキンケアや保湿で肌の状態を整えつつ、生活習慣を改善する必要があります。

十分な睡眠や規則正しい生活、ストレスを溜めない、栄養バランスに優れた食事を摂ることを心がけましょう。それでもシミの改善がみられない場合には、クリニックを受診しましょう。有効成分をイオン化して肌に浸透させるイオン導入や、メラニン色素を破壊するレーザー治療などが有効とされています。

ニキビをシミにさせないためのスキンケア

ニキビ跡は、ニキビを潰して強い炎症が起きることで残ります。そのため、ニキビをできるだけ早く治すとともに、ニキビを潰さないように注意する必要があるのです。

ニキビの内容物を取り出す面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)という方法がありますが、これは衛生環境と医療器具が整っているクリニックで受けるものです。自分でニキビを潰すと炎症や化膿を招くおそれがあるので、実行してはいけません。

ニキビができた場合は、できるだけ触らずに保湿ケアをしましょう。皮脂をエサにするアクネ菌やマラセチア菌が増殖すると炎症が起こるので、できるだけ肌の状態を健康に保つことが大切です。

保湿を怠ると肌が乾燥します。乾燥した状態では外的刺激に弱くなっているので、ニキビが悪化してしまうおそれがあるのです。また、肌を刺激から守るために角質が厚くなり、毛穴が塞がれることによってニキビが増えることにも繋がります。

洗いすぎないように心がけるとともに、肌の水分を保つセラミドが配合された化粧水などで保湿しましょう。

ニキビ跡ができてしまった場合には、先に挙げたようにターンオーバーを促し、メラニン色素の生成を抑える化粧品を使いましょう。

 ページの先頭に戻る